ノミネート

2013年2月2日

みなさん、こんにちは。
毎日鍋食ってます、永野です。

ニュースにもあるように、
「はじめよう」のミュージックビデオが「SPACE SHOWER MUSIC VIDEO AWARDS」にノミネートされた模様です。

「はじめよう」は、
文化庁から文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門新人賞というありがたい賞まで頂いております。

監督の新井風愉さんをはじめ、
ROBOTのみなさんやスタッフと作った作品がこうしてじわじわ広まっていくのが、
本当にうれしい。
みなさん、良かったらポチッと投票してください。

あと、「はじめよう」は第16回文化庁メディア芸術祭 受賞作品として、
2月13日から24日までの12日間、国立新美術館(東京・六本木)で展示されます。
こちらもぜひ。

ながの


「はじめよう」ツアーファイナル

2012年12月14日

みなさん、こんにちは。
すごく寒いですが、こんな寒くても生きられる人間はすごい。
半袖の小学生は、もっとすごい。
負けてられません。

そんなこんなで、
4連続隔月ワンマンライブ「はじめよう」のツアーファイナルが無事終わって一週間がたちました。
みなさん、ありがとう。
毎回来てくれた方はもっとありがとう。
北海道から沖縄まで、各地から見に来てくれて本当にありがとう。
ライブが終わったあとカキフライ食べた人も、、、、ちょっとありがとう。

色々大変なこともありましたが、「はじめよう」というアルバムを作ってよかったなーと、改めて実感した一日でした。
意味も分からず手拍子しながら、「ふぁっ、ふぁっ、ふあ〜!!」と歌うみなさんはとても素敵だった!!

来年に向けて、ちょっと穴蔵に戻って、
お酒でも飲みながら、色々作ろうと思います。
来年はもっと色んなことできるといいなあ。

といいつつ、
1月のライブも何本か決まってます。
詳しくはNEWSにて。
ツアーファイナルでバンドセットを見逃した方はぜひ!!

あ、MVのこともかかなきゃ。
まだ興奮してる。

ではでは。

ながの

ふぁ!

2012年11月25日

さすがに寒くなって来た。
衣替えめんどい。

が、季節の移り変わりとは何の関係もなく、
相も変わらずせっせと音楽をこさえております。

でも、どこかしら作る曲に秋冬の哀愁が漂い始めるのが不思議。
そんなこと意識して作らないのになあ。

さて。

一昨日、タワーレコード渋谷店のリニューアルを記念して、
ぼくのワンコインCDが発売されました。
FaFaFa。

こういう無責任で無意味な言葉ってほんと好きだ。
個人的には歌詞にあまり執着がないということもあるけど。
ぜひ聞いてみてください。

近日、渋谷店以外のお店でも買えるようになりますよ!

今週から12月7日のワンマンファイナルに向けて、バンドリハいよいよ大詰め。
金曜は仙台でRyo Hamamotoさんとライブ。
いろいろやります。

ふぁ!



レベル33

2012年10月24日

昨日、誕生日をむかえました。
たくさんのお祝いメールありがとう。
ちょっとご無沙汰してる人からもメッセージが届いてすごく嬉しかった。
みなさんのお陰で、こんな奴でもここまでやってこれました。
本当に感謝です。

いくつになっても高校野球児よりも、年下な気がなりません。
(実際、精神年齢は低いと思う。てか、精神年齢ってなに?ま、いいか。)
恥ずかしながら、まだまだ気分は育ち盛り。
実年齢に全く達している気がしない。
やばいね。

いやしかし、作りたいものがね、まだまだ、本当にまだまだたくさんあるのよ。
この子達を世に送りださないわけにはいかない。
全部きれいに産み落として、
「あ〜、すっきり。もう清々しいくらい空っぽです。」
ってなってから、この世をおさらばしたい。
そんなアホなことを実は考えています。

まあとにかく、バンバン曲書いて弾いて、歌います。
どうぞこれからも応援してやってください。
よろしく!

次回は札幌だ。
寒そう。

ではでは。





弾き語りワンマンVol.03

2012年10月20日

弾き語りワンマンVol.03見に来てくれた方どうもありがとう。
三回とも見に来てくれた方はもっとありがとう。
昨日は本当に楽しい時間だった。
DadaDも最高だった。
ケイトさん、しげちゃん、ありがとう。

画像コラボ最終回に選ばれたのはこの写真。
車のボンネットにのっかった「みのむし」。
ずっと見てるとなんだか違うものに見えてきませんか?
これ何だったら面白いだろう?と思いながら、曲を作ってみたわけです。

といっても、これだけでは何のこっちゃ分からないので、
歌詞だけのっけておきます。
なんだか恥ずかしいけれども。

次回の12月7日のワンマンでファイナル。
東京での弾き語りワンマンは今回が最後、次回はバンド編成でのぞみます。
画像コラボの新曲達もバンドアレンジでまた生まれ変わります。
マイケルも、、、、かな?
きっと楽しいよ。

ではでは。


「ゆくえ」

たとえばきみは 一万年に一人の救世主
たとえばきみは 草花茂らせた錆び付いた銃弾

何世紀もきみを 待ちわびてる
彼女はきみを  求めている

たとえばきみは 世界を滅ぼす最終兵器
たとえばきみは 傷ついた羽休める小鳩

何世紀もきみを 待ちわびてる
彼女はきみを  求めている

たとえばきみは 世界で一番低い塔
たとえばきみは 姿変えられた王女様
たとえばきみは 風が描いた砂模様

何世紀もきみを 待ちわびてる
彼女はきみを  求めている





大阪

2012年10月15日

久しぶりのミナミホイール出演のため大阪へ。
御堂筋でもKappoというお祭りやってました。

京都ワンマンのときは祗園祭り、仙台ワンマンのときはよさこい祭り。
なんだか遠征先が祭りづいております。

それにしてもライブ楽しかった。
たくさんの人が足を運んでくれて本当に感謝です。
入場規制がかかっていたそうで、見られなかった人ごめんなさい。

セットリスト
01 かえりみち
02 あらしのよる
03 夜間飛行
04 Thriller
05 Path
06 アヒル

最後はセットリストをアヒルに急遽変更。
みなさんの手拍子がなかなか新鮮だったな。

しかし35分はあっと言う間。
続きは12月2日のワンマンライブで。
関西のみなさん、よろしくです。

仙台

2012年10月8日

仙台仙台Mega Rocks、sendai coffeeでのワンマン無事終わりました。
3年ぶりにもかかわらず、たくさんの人が足を運んでくれてすごくうれしかった。

Mega Rocksで共演したRyo Hamamotoさん、斉藤ジョニーくん、Akeboshiさん。
短い時間だったけど、見応えのあったなあ。
あと今回初めて知り合った、People In The Box の波多野くん。
時間の都合でみられなかったけど、CDを頂いた。楽しみ。

その夜、ふらっと立ち寄った小料理屋さんの常連さん。
本当にsendai koffeeでのライブにきてくれた。
男に二言はない。ええですなあ。

sendai coffeeは本当に楽しかった。
はじめようの合唱が個人的にはジーンときた。
お客さんの声に包まれて歌うって気持ちいいんだね。

また来月いくよ。
仙台のみなさま、どうぞよろしく。

来週は大阪ミナミホイール。
関西のみなさま、どうぞどうぞよろしく。

ではでは。



ロゴ完成

2012年9月27日

ロゴ完成われらが「LITTLE 8 RECORDS」のロゴが完成しました。
デザインは「はじめよう」のアートワークを担当してくれたマチュさん。
マチュさんは、いつもはっとする素敵なデザインを届けてくれます。
こうくるとは思わなかった。

LITTLE 8。
日本語にすると「小さい8」→「小八」→「コパチ」。
ぼくの学生時代のあだ名です。
8という数字はなんだか縁起がいいし、謎めいていていいなということでこの名前にしました。
みなさん、今後ともよろしくです。

踊る二人に隠されているのは。。。
さてなんでしょう??

ではでは。



ピアノ

2012年9月25日

ピアノピアノ。ピアノフォルテ。
憧れの楽器であります。

なぜなら。
僕が最初に手にした楽器はバイオリンで、その後がエレキギター。
アコースティックギターにガットギター、ベースギターにバンジョー、ウクレレ。
弾いて来たのは弦楽器ばかりだから。

どれくらい憧れていたかというと、
APOGEEに「Piano(仮)」という曲名でデモを作って持っていったくらい。
デタラメに弾いたピアノをループして歌をのっけた実験的な曲だったんだけど、
あまりにシュールで完成にはいたりませんでした。

新しいCMの録音現場にて、
そんな憧れのピアノレコーディングに昨夜初挑戦。
最小限の音数のピアノと歌だけという、
ものすごく繊細でストイックなアレンジだけに緊張したけど、楽しかった。

歌はスウェーデンの女性アーティストとスカイプを通じて録音。
未来だねえ。

近日公開です。
おたのしみに。




DMに関するお詫び

2012年9月19日

みなさん、永野です。
いつも本当にありがとう。
今日はお詫びとお願いがあってブログを書くことにしました。

先日、画像を投稿してくれたみなさんに、
【弾き語り音源プレゼントのお知らせ】に関するDMを送らせて頂いたのですが、こちらの手違いにより、みなさんのメールアドレスが表示されるという事態が起こってしまいました。。

メールを受信された何人かの方が丁寧に教えてくださったので、この事態に気づくことができました。
不手際があったにも関わらず、寛容なメールどうもありがとう。

そして、本当に申し訳ありませんでした。

お手数なのですが、該当のメールを削除して頂けたら幸いです。
以後、さらに気持ちを引き締めて、ソロ活動を運営していきたいと思いますので、
どうぞ宜しくお願いします。

引き続き、画像もお待ちしています!!
みなさんの力を借りて、素敵な新曲を作れたらと思っておりますので、
どうかこれからも応援宜しくお願いします!!


永野亮



菖蒲へ その3

2012年9月16日

菖蒲へ その3ありましたよ、「はじめよう」。
店長さん、ありがとう。
couwaでのライブ、ぜひ実現させよう。

自分の知らなかった場所で、自分の音楽が聞かれている喜びを改めて感じる訳です。

次回のライブは、21日金曜日。
渋谷で2本連続ライブです。
詳しくは「LIVE」で。
ぜひあそびにきてください!!

菖蒲へ その2

2012年9月16日

菖蒲へ その2その後はカフェ「couwa」に。
ライブの何日か前、Twitterで「菖蒲に来るなら、ぜひ!」とお誘い頂いていたわけです。
お店には「はじめよう」も置いてくれているとのこと。
こりゃぜひいかねば、ということでライブ後に足をのばすことに。

お店にはアップライトピアノもあり、時々ライブも行っているとのこと。
レトロでゆったりとした雰囲気の中、店長さんと話をしながら、サーモンサンド。
うまかったなあ。

菖蒲へ その1

2012年9月16日

菖蒲へ その1まだ暑い日が続きますねえ。
この日はフォレオ菖蒲の蔦屋書店でのインストアライブ。

急遽決まったにも関わらず、来てくださったみなさん、足をとめてくれて聞いてくれたみなさん、本当にありがとう。


セットリスト
01 やさしさに包まれたなら/荒井由美
02 かえりみち/永野亮
03 Thriller/Micael Jackson
04 Path/永野亮
05 少年時代/井上陽水
06 Good morning/永野亮

Sunflower

2012年9月6日

Sunflowerおっと、忘れていました。
こちら、先週の弾き語りワンマンの第二弾で曲を書かせてもらった写真です。
ふぁーみーさん、ありがとう!

前回は淡い光景だったのに対して、
今回は夏らしく、力強いこのひまわりに曲をつけさせてもらいました。
タイトルはずばり「Sunflower」

ひまわりって目力すごいよね。(目ないけど)

まだまだ画像お待ちしてますよ。
次はバラードかなあ。

ではでは。

弾き語りワンマン Vol.2 その3

2012年9月4日

弾き語りワンマン Vol.2 その3次回の弾き語りワンマンライブ第三弾は10月19日!!

そして、ゲストはDadaD!!


くやしいことに、ぼくはほぼ毎日彼らの音楽を聞いてます。
パッと聞きシンプルだけど、とても繊細に作り込まれていて、繰り返し繰り返し聞いてしまう心地良さがあるのです。
ケイトさんの歌声もキュートでセクシーなのよ。これが。

サウンド担当のしげちゃんは、サマソニにもベースとして参加してもらったし、
12月7日のフルバンド編成でのワンマンライブにも出演が決定しております!!

今度のセッションはなにやろうかなあ。
マイケルから浮気して、プリンスでもやろうかなあ。

みなさんお待ちしてますよ。
ではでは。




弾き語りワンマン Vol.2 その2

2012年9月4日

弾き語りワンマン Vol.2 その2そして第二弾のゲストはYeYeちゃんでした。
登場した瞬間から、会場はYeYeちゃんの独特の雰囲気に持ってかれてましたね〜。

セッションのセットリストはこんな感じでした。

01 morning/YeYe
02 Lithium/Nirvana(カバー)
03 Buddy Holly/Weezer(カバー)
04 あらしのよる/永野亮
05 であう、わかれる/YeYe

どれも楽しかった!!
ぼくは彼女の歌はもちろん、ギターが好きなんですよ。

楽屋で「あらしのよる」を耳コピ中。
「10年はやいわ〜!!」とからかってるうちに、ものの数分で弾きこなしてました。恐るべし。

そんな彼女とCMでもコラボしましたよ。
ぜひチェックしてみてください!!

「キューピー アヲハタ ジャム・デ・アート」


弾き語りワンマン Vol.2 その1

2012年9月4日

弾き語りワンマン Vol.2 その1来てくれたみなさん、本当にありがとう。
みなさん盛り上がってたね〜。
夏の終わりにとてもいいエネルギーをもらいました。
折れたギターは今入院中。
治る事を祈ってください。
ギターを急遽持って来てくれたミュージシャンのうっちーさん、ありがとう!!
いいギターだったなあ。。

いけがみ その2

2012年9月2日

いけがみ その2楽屋は、広々和室で旅館に合宿にきたみたい。
スタッフと、その日1日帯同してくれたDadaDのしげちゃんと、
ふゆみちゃんで本番までのあいだゴロゴロ遊んでました。

ふゆみちゃん、意外に似合うね。

いけがみ その1

2012年9月2日

いけがみ その1いまさら感があるけど、ちゃんと記しておきたいこの日のこと。
池上本門寺、Slow Music Festivalであります。

阿部芙蓉美ちゃんとオープニングアクトをつとめさせてもらった。
共演は、星野源さんとスガシカオさん。
山1つ分のせみの声と、涼しい風に、夕暮れ、何とも贅沢な時間だったな。

ふゆみちゃんとのイベントまたやりたい。
うん、やろう。

さまそに その3

2012年8月21日

さまそに その3かんぱーい!!うほーい!!

さまそに その2

2012年8月21日

さまそに その2今回はバンドでの出演。
おなじみのドラム藤井さん、マリンバのななちゃんに加え、ベースにDadaDのしげちゃん。
12月のワンマンも彼らとやります!
ぜひ!!

さまそに その1

2012年8月21日

さまそに その1ビカビカに晴れたガーデンステージ。
すごく気持ちよかった。
見に来てくれた方、本当にありがとう!!!

ソーレ

2012年7月26日

ソーレあついですね。
毎年「夏ってこんな暑かったっけ。。」と思う。
記憶力はいい方なんだけど。
気づかない所でいろんなこと忘れてるんだなあ。

この逃げ場のないような暑さ、先日の京都を思い出します。

Sole Cafeでワンマンライブを行うため京都に向かったわけだけど、
この日京都は祗園祭りの真っ最中。
超満員の地下鉄で、
背中に背負ったギターケースに冷ややかな視線を感じながらの移動。
予約しておいたホテルの玄関先には、着物姿の女の子達が腰をおろし、みな楽しそうにいかやきとか焼きそばとか頬張ってました。

ライブ前夜はYeYeちゃんと8月31日へ向けてのリハーサル。
彼女の行きつけのスタジオで、休憩もせず、二人とも時間を忘れて演奏に没頭しました。
本当に楽しかったなあ。

当日は、人混みをかきわけ京都のレコード屋さんに挨拶まわり。
ツイッターでDaDaDが京都の新風館でリハーサル中だと言う事を知り、
近くにいたので、足を運んでみたが、しげちゃんと電話通じず、ニアミス。

歩き回ったせいか、本番前にバテバテ。
二条のコーヒー屋さんで居眠り。
その後タクシーでSoleへ。

暖かいSoleのお二人に迎えられ、元気回復。
急遽ゲスト出演のため、チャリで駆けつけてくれたYeYeちゃんとリハーサル。
お陰さまで本番は、「Path」でコール&レスポンスしたりで、たくさんの人と愉快な時間を過ごせました。

ライブ終了後、
YeYeちゃんとスタッフのともくんと一緒に美味しいパスタとパンを頂きました。
Soleのおもてなしは本当に手厚くて、感動しました。。
そんなこんなで記念写真。
マスターの眼鏡くもってる。

次回のライブは、、、もうサマソニになるのか。
おなじみマリンバ&パーカッションに上原なな江、ドラムに藤井寿光、
そしてベースにDaDaDのしげちゃんを迎えて、バンドセットでわいわいやるよ。
ぬおお、楽しみだ。

写真も絵も、まだまだ募集中!!
ではでは。















アイスランドの心

2012年7月11日

アイスランドの心暑い。。
なんてったって僕の仕事場にはクーラーがない。
この季節は一曲作り終わる頃には汗だくなのです。
そんな仕事の合間にダラダラ見続けてしまうこのDVD。

今年のサマソニに出演が決定しているSigur Rosの「Heima」。
故郷という意味のタイトル通り、彼らの出身地であるアイスランド各地での素晴らしいライブパフォーマンスが収められています。

なんてったってその「各地」がすごい。
どうやってこんな場所でライブやったんだろう。。
てか、どうやって人集めたんだ??
普通の旅行でもなかなかいけないし、体験できないであろう、
アイスランドのコアな場所がたくさん出てきます。
そのスケールたるや。カタルシス&涼感ハンパない。

通常「ポストロック」という冠のもとに語られ、
ちょっと特殊なイメージのある彼らの音楽を、
若い人だけでなく、子供から大人、おじいさん、おばあさんまでが
小さな地元の公民館にわいわい集まって、家族ぐるみで何となく不思議そうに聞いている。
そんな空間が、なんだかシュールだし愛おしい。

全員が彼らの熱心なファンというわけではないだろうけど。
アイスランドという土壌が育んだ「アイスランドの心」みたいなものに彼らの音楽は到達しているんでしょうね。
すごいなあ。

とか、うだうだ言ってるとあっと言う間にやってくるよ。
週末。
京都sole cafeにいきます。
弾きまっせ。歌いまっせ。
みなさんぜひ遊びにきてください!





空に放つ

2012年6月26日

空に放つみなさん、こんばんは。
おかげさまで4連続ワンマンライブ「はじめよう」の第一回目を無事終える事ができました!
本当にありがとう。。
すごく幸せな時間だった。

そして、今回のワンマンライブのワークショップ的企画「投稿された写真に曲をつけて歌ってみよう」のコーナー。
採用させてもらったのはこちらの素敵なショット。

薄雲にかすむ太陽、それに向かって延びていく飛行機雲。そしてその影。
しかし、自分が惹かれたのはその現象としての珍しさというよりか、全体の温度感なのであります。

今回はこの写真に「空に放つ」というタイトルの曲をつけさせて頂きました。
今後もライブで披露していく予定ですので、ぜひ8月31日のワンマンライブに遊びにきてくださいね。

引き続き、みなさんの素敵な瞬間おまちしてますよ。
ではでは。


THE SESSION!!!

2012年6月23日

THE SESSION!!!bayfmの斎藤誠さんの番組「THE SESSION」の収録に行って参りました。
Human Natureのカバー、アルバム「はじめよう」のお話、ラフなセッションと盛りだくさん。
お名前の通り、本当に音楽に対して謙虚で誠実な方でした。
自分のような者に対しても、ちゃんとリスペクトして頂いていることが伝わってきて、とてもリラックスして楽しい時間を過ごせました。
誠さん、ありがとうございます。。

放送は7/1(日)です。
お聞き逃しなく!!





インストアライブ

2012年6月19日

インストアライブ昨夜新宿タワーレコードでインストアライブをやらせて頂きました。
平日にも関わらず、本当にたくさんの人に来て頂いて、すごく嬉しかった。
APOGEEのライブの頃からチラホラ見かけるお客さんの顔。
もはや君たちは戦友!?
本当にありがとう。

マイケルカバーの特典渡し会の時、
皆さんがかけてくれる一言一言も胸に沁みました。
僕はというと、新宿タワレコさんにも、きちんと御礼を言うつもりができなかった。。
MCだめだなあ。。

このたびタワレコさんには「はじめよう」をタワレコメンとして推薦して頂けることになりました。
新宿店を始め、キャンペーンで足をのばした、広島店も大阪NU茶屋町店もインディーズにも関わらず、どどんと展開してもらってます。
またまた、本当にありがとう。

先週は在庫切れで、「はじめよう」を手に入れられなかった方もいたようですが、
先週末せっせとプレスしたものが、今全国に行き渡ると思うので、
いましばらくお待ちください。
何しろ今回は、自身のレーベルからのリリースで、スタッフも数人。
色々不手際もあるかと思いますが、どうぞチーム永野亮を宜しくお願いします!!

さあ、週末からライブ三昧です。
歌いまくりですよ。

ではでは。

こんな気持ち その2

2012年6月5日

下の画像は、知ってる人も多いと思うけど、
「英国王のスピーチ」という映画のワンシーン。
吃音症の英国王ジョージ6世とその治療にあたるローグ医師との交流を描いた物語です。

今更ながらこの映画を観ながら、改めて、
人は多くの役割を、社会というフィールドにおいて演じる事を、
生まれながらにして求められるんだなと思う訳です。
しかも色んなレベル感で多層的に。
自分が望むのも、望まないのも。

この主人公の場合、その役割が戦時下の「国王」。
あまりの大役に、一個人としての彼の声はかき消されてしまう。
この状況、誰だって、うまくしゃべることなんてできないんじゃないかな。。

しかし、その与えられた役割をしっかりと演じきる事で、試練を通過することで、
新しい世界が見えてくる喜びがあるのも事実。
なんだろうね、これ。


自分は、バンドの一員として音楽活動のキャリアをスタートさせたわけだけど、
今回の「はじめよう」というアルバムは、
文字通り「APOGEEの永野亮」でなく、イチ音楽好きの「永野亮」のアルバムです。
このタイミングで、僕も、色んな役割から離れ、
自分の声をしっかりと確認したかったんだと思う。

今後、APGがどうなるのか?という質問をたくさん頂きます。
改めてあのバンドは愛されているんだなと感じる日々です。
本当にありがとう。

だけど、申し訳ないけど、それは僕にもよく分かりません。
ただ分かっているのは、
「永野亮」一個人として、音楽を作り、歌うことが、
今現在どうしても必要であるということです。
どうか暖かく見守ってやってください。

まあ、とにもかくにも始まったわけです。
始まったからにはとことんやります。
「はじめよう」をどうぞよろしく!

あ、あと、最近写真の応募が減ってきました。。
引き続きお待ちしてますよ!

ながの




こんな気持ち

2012年6月5日

こんな気持ちです。
いよいよ明日「はじめよう」が発売されます。
みなさん、どうぞ宜しくお願いします。

ながの

空を飛んで旅をする男のストーリー

2012年5月22日

空を飛んで旅をする男のストーリーみなさん、こんにちは。
朝9時からバンドバージョンのリハーサルだった永野です。
ドラムの藤井さん、今日は寝坊せず間に合いました。
キング、今後もこの調子で頼んだぞ!!

というわけで、「はじめよう」のミュージックビデオがいよいよ公開です。

アルバムを作る度に、映像をどの監督にお願いするか、うんうん唸って考えるわけですが、今回は最初からROBOTの新井風愉さんにお願いしようと決めていました。

ふゆさんとは、佐川急便のCMで初めてご一緒することになったのですが、
それから色々な作品を共に作り、「つながるのうた」が完成した時、
「今回の自分のアルバムの世界観を理解し、それを一段上の表現に持っていってくれる人は彼しかいない」
と思うようになりました。
ふゆさんが引き受けてくれなかったら、、、どうするつもりだったんだろう??

メイキングを観てもらえれば分かりますが、
仕上がりの素敵なユルさからは想像できないほど、撮影はマッチョな現場でした。笑
でも、僕は常日頃から思うのですが、
モノ作りにおいて、「体」が入ることはとても大事なことなんじゃないかと。
その「体」が入ることによって作品に魂が宿るんだと、そう信じてるわけです。
堅苦しいですかね??
まあ、頑張ったご褒美という事で言わせてあげてください。

なぜ、「浮く」ことになったのか?
それはまた別の機会に書きたいと思います。
いまはただただ純粋にこの作品を楽しんで頂けたら嬉しいです。

下記はスタッフのみなさんです。
本当にみなさんありがとう、そして、おつかれさまでした!!

あ、カメラマンの中島さん、目つむってるけど、、、雰囲気いいからよし!

はじめよう PV スタッフリスト

Director          新井 風愉(ROBOT)
Assistant Director     伊藤 衆人(ROBOT)
Producer         吉上 由香(ROBOT)
Production Manager    野村 梓二(ROBOT)
         駒木 剛 (ROBOT)
Cameraman    中島 和也
Camera Assistant 川崎 瑞也
Grip          松村 徹 (arrive)
Art           鍵山 清志(日東装備)
Editor          冨永 翔 (ROBOT)
Car Driver        nai’ a inc.
Cast          永野 亮
            仁科 咲姫(ケイエムシネマ企画)
            高柳 杏樹(キリンプロ)
            中平 拓志
            細見 武史
            八木 ロンドン(猫)
             駒木 剛
             新井 風愉







DK on the hammock

2012年5月20日

DK on the hammock気持ちのいい天気が続いてますね。
もうすでに日焼けした感があります。

茅ヶ崎へ。
yoheyOKAMOTO氏のBBQホームパーティーにおよばれしました。
氏自ら竹林から掘ってきたタケノコをフリットに。
うまかった。

酔っぱらってハンモックに寝ている大学の友人。
これでも慶応大学大学院の講師として世界を飛び回っているのです。
すごい。

てなわけで、今日はライブです。
19:45〜出演予定です。
明日から始まる一週間が淡いブルーな日曜日の夜だけど、、、
最後のあがきで一緒に楽しみましょう。
お待ちしてます!!

ながの

大きなモノをつくる

2012年5月16日

大きなモノをつくる金沢21世紀美術館。
行きたいなと思いつつ、その機会を逃し続け、先日ようやく行く事ができました。

この白壁の現代的な建物はとても開放的で気持ちいい。
こんな場所が近所にあったらどんなにいいだろう。
金沢市民のみなさんに少々嫉妬するくらい素敵な場所でした。

集まっている人々は、まさに老若男女。たまに動物。
美術品とこの幅広い層をひとつ屋根の下でワイワイさせることを日々想像しながら、この建物は建てられたんだなと、当たり前のことを再認識するわけですね。

建築に関しては疎い自分だけど、
いい建物に出会うと、僭越ながら同じモノを作る人間として、
まったくこんな大きなもの、どうやって作るんだといつも感心してしまう。
文字通り大きなものを作りあげるには、たくさんの人の力が必要だろうし、
何にせよそれを動かす、言い出しっぺのハンパない熱量が必要だろうと。
センスや構造の美しさより、いつもそういう部分に脱帽してしまうわけです。

今回「はじめよう」のPV撮影でも、ROBOTの新井風愉監督をはじめ、
本当にたくさんの方に協力して頂きました。
映像には映っていませんが、色んな人が色んなことをしてくれました。
皆さんにその熱意とユーモアが心地よくに伝わることを願っています。
あ、映ってるのもあるか。
まあ細かいことは置いといて、近日公開です。

どうぞお楽しみに。

ながの









なんだか良く分からない感じ

2012年4月23日

なんだか良く分からない感じ今週のライブ。
ウォッチングザスカイ。
こういうことなのかな。

今回のソロワンマンライブで、
みなさんから募集した絵や写真を元に曲を作るという企画について
前回ブログでお知らせしましたが、
そもそもなんでそんなことをやろうと思ったのか、書いてみようと思います。

個人的に、曲を作るという行為は、
写真を撮ったり、絵を描いたりする行為に近いんじゃないかと思っています。
長編小説のように、長い時間をかけてひとつの物語を立ち上げていくというよりは、一瞬を切り取って、それを横に、縦に、奥に、広げていくんですね。

素敵な瞬間は、日々にぽつぽつと現れるわけですが、
あまりに瞬間的なことなので、時間の経過と共に忘れてしまいます。
そんなこといちいち係っているほど、みんなヒマじゃない。

いつもの帰り道でバスを待っていると、なんだかやわらかい風が吹いたりして、
「お、なんだか春だな、なんだか良く分からないけどせつなくなってきたぞ。」
とか思う訳ですが、
「ま、いっか。ガラでもないし。あー、はらへった。」
と、ちょっと首をかしげて終わってしまう訳です。

そこを我々は、ちょっと待てよと食い下がる。
この「なんだか良く分からない感じ」を後生大事にとっておいて、
折にふれ、それを色んな角度から眺めては、また懐にしまう。

そんな事を繰り返していると、人間欲深いもので、
誰かとこの「なんだか良く分からない感じ」を共有したくなってくる。
そのためには何らかのカタチが必要になってくる。
僕の場合はそれを、作曲という行為でアウトプットするわけです。

この「なんだか良く分からない感じ」のメモ代わりとして、写真をとる。
別に誰に見せるものでもないので、良くわからないおばちゃんとか映り込んだっていいわけです。
だって、その場でいきなり歌いだす訳にもいかないもの。
しかし、僕の場合、そういうのは大体、後から眺めると、何が良かったのか分からなくなってしまいますが。
その感覚もまた素敵なんですね。

というわけで、皆さんが普段心惹かれる瞬間がどんな風なのか、
果たしてなぜその瞬間にシャッターを押したのか、
そんなことを僕が勝手に解釈しながら、曲を作ったら面白いだろうなというアイディアが浮かんできました。
まさか本当にやることになるとは思いませんでしたが。

今現在も色々な写真が届いております。
送ってくれた方ありがとう。
観ておりますよ。
この調子で皆さん、気軽に参加してみてください。

ではでは。






弾き、語る

2012年4月18日

弾き、語るこんな天気の日でした。
スーツケース型のギターを持ってあっちやこっちや歌って回る。
小さな駅から海、街、空港、公園など場所は様々。
聞いてもらう人も老若男女、年も国籍もこれまた様々。

通常CMのお仕事は、曲を作り、流し込んだらそれでおしまい。
なのですが、このサムソナイトの一件は、
作ったその曲を弾き語る、しかも路上で、しかも見ず知らずの人に声をかけて、
しかもその様子を映像に記録しムービーにする、
というかなり挑戦的な内容でした。

僕にはあまりそういった経験がないし、
元々は家で曲を作っているだけの方が気楽でいいなと思う人間なので、
一瞬断ろうかと思いましたが、
スーツケースギターのあまりに脱力なルックスに、
こちらまで楽しくなってしまい、何とかなるだろうと楽観的に引き受けました。

通常のギターの扱いとは違うものの、慣れれば何とかなるもので、
映像の小栗監督と何人かのクルーとウロウロして、怪しまれながらも、撮影は順調に進んでいきました。
歌を快く聞いてくださったみなさん、どうもありがとう。

ひとり、ギター1本と歌だけ、つまり弾き語りというのは、
いわゆるアレンジされた音楽とは、同じ音楽でありながら、
全く別モノだという感覚が僕にはあります。

バンドで演奏するのとは、心構えがぜんぜん違う。
どう違うか説明しろと言われるとむずかしいのですが、
まかり間違ってバンドモードで、弾き語りに臨めば、
それはもう散々な目に合うわけです。
自身の感情の起伏のつけ方も、聞いてる人との距離感も、
その両者を含んだ空間への音の馴染ませ方も、全く違うんですね。
不思議だなあ。

6月から始まるソロワンマンライブの内、最初の3本は弾き語りライブです。
個人的に弾き語りは、会場に足を運んで体験して頂くのが一番だと思ってます。
ぜひ遊びにきてください。

明日からPV撮影。
晴れろー。

では。







感動をつくる

2012年4月15日

感動をつくる「感動をつくれますか?」
と書店で問いかけられ、何気なく手にとった一冊。
「こんな大胆なこという人、だれだよ、、、」
著者を見て納得。
こんなこと言ってサマになる人はさらさらいない。

久石譲さんが書いたこの本を、毎年春になると手にとってしまう。
自分の好きなところだけ読んでは、またパラパラとめくる。
ぼくは、この本でそれまでの作曲に対する姿勢を根本から覆されたわけです。

この本は、「いい曲を作るにはどうしたらいいか?」
ということより「いい曲を作り続けるにはどうしたらいいか?」
ということに主眼が置かれ、久石さんの実際の経験など交えながら、色々な考えが書かれた一冊です。

プロとしてやっていくには、
「いい曲を作る」だけじゃだめだと。
それを継続し、クオリティを一定に保たなければいけないんだと。
そのためには、気分に左右される作曲ではなく、感性の軸を自分のもっと深い部分に持ちなさい。
そんなことが、冒頭で語られています。

ガーン、と頭を殴られたような気がしたものの、
分かったような分からないような。
しかし、それを何となく意識して曲を作り続け、その意味がとてもしっくりと体に馴染むようになりました。

春は気分が天候に左右されやすいから、この本を読みたくなるのかなあ。
勿論、気分に振り回されるのも人生の醍醐味なんですが。

今回のソロアルバム「はじめよう」は、そういった意味で、
自分の核にアプローチしようと試みた作品でもあります。
といっても、そんなに堅苦しいものでもなく、
「ふーん、そうか」と思いながら聞いて頂けたら、永野は幸せです。

まずは先行配信されている2曲「Path」と「かえりみち」、
ぜひ聞いてみてください。
どちらも「道」に関する曲です。
違いを楽しんでみてください。

桜はもう散ってしまったかな。
では、良い休日を。





2012年4月12日


うん、いい天気。
桜もなんとか先日の雨を耐え抜いたようで。
まだまだきれいに咲いてる。

duoでduo、来てくださった方どうもありがとう。
素敵なイベントだった。
芙蓉美ちゃんとは、今年も機会をみてはあんな感じでやっていきますので、
これからも二人を宜しくお願いします。

演奏を止める理由は様々だけど、
歌詞カードが見にくいからというのは初めてだったよ、ふゆみちゃん。

そして。

MCで長々と告知させてもらいましたが、
永野亮、4連続ワンマンライブ決まっております。
みなさんから送って頂いた絵や写真を元に曲を作ってしまおう、という遊びも開催することになりました。

「なんとなく撮ったけど、これ、なんかいいな」レベルの写真でも良いので、
メールで気軽に送ってください。
気合いの入ったものも大歓迎。
楽しみに待っています。

では。




レベル59

2012年4月9日

CMも自身のレコーディングも一段落し、
先日、山下達郎さんのライブを観に中野サンプラザへ行ってきました。

ライブをこれから見る方のために詳しくは書きませんが、
達郎さんの純粋な音楽への愛が、その衰えることを知らない歌声から、
ビシバシと伝わってくる素晴らしいパフォーマンスでした。

達郎さんは御年59歳。
ステージ上の達郎さんの姿を見ながら、自分がその年になった時のことを考えたのは言うまでもありません。

20年以上先のことなんて、逆立ちしたってよく分かりませんが、
きっと、あっという間なんだろうなと。
楽しければ楽しいほど。

終演後は楽屋に出向いて、ソロアルバムを手渡し、
少しの間お話することができました。
達郎さんの隣には、伴侶の竹内まりやさん。

「APOGEEってあの二人組の?」
「いや、、あと二人ほどいます。」
まりやさん、一体誰と勘違いしたんだろうか。。??

「これからはライブの時代です。」と達郎さん。
4連続ワンマンを控えた自分としては、何か励まされた気がしました。

レベル59。
怖いものなしにみえるけど、
一体どんな景色が見えてらっしゃるのだろうか。
行ってみなくちゃわからない。








はじめようをはじめよう

2012年4月6日

はじめようをはじめようみなさん、こんにちは。
三寒四温。
割合としては四寒三温の方がしっくりくるなあと毎年思ってしまう。

さて。

ニュースにもありますように、
私永野亮は来る6月6日にソロアルバム「はじめよう」を
自身のレーベルLITTLE 8 RECORDSからリリースすることになりました。

APOGEEというバンドで3枚のアルバムを作った後、
バンドというフォーマットから離れ、
単純に自身から発せられる音楽にフォーカスしたいという気持ちが、
永野ソロプロジェクトのそもそものきっかけでした。

最初はアルバムを作るつもりもなく、
何の打算も、予定も、予算もなく
ただただ茫漠と曲を作り、ライブで弾き、歌っていただけでしたが、
様々な人と出会い、刺激を受け、CMで流れる自身の曲を聴いているうちに、
いつしか、これらを何かしらの形にしたいと強く思うようになりました。

メジャーレーベルからのリリースも一時は考えましたが、
昨今の音楽を取り巻く環境の目まぐるしい変化を肌で感じ、
まずは自身でアルバムを作ってみようじゃないかと思った訳です。
単純に音楽を楽しむにはそれが一番なんじゃないかと。

ソロ、ソロとは言っておりますが、
一人ぼっちでこんな大変なことができるわけがなく、
その裏にはたくさんの人が動いています。
音楽を担当する僕を中心に、スタッフ総勢で新しいバンドのようになってワイワイやっております。

長年温めてきた曲、CMで使われている曲、
今自分にできることを全てドッカンとつぎ込みました。
ドラムにピアノにバイオリンにシンセサイザー、楽器も色々弾きました。
刺激的でありつつも、みなさんの日常に、時代に、溶け込めるような音楽を目指して、音楽を愛して止まないスタッフと一丸となって突っ走っております。
世に出ましたら、ぜひ一度聴いてみてください。

写真は撮影の様子。
カメラマンはKOOMI KIMさんです。
http://www.koomikim.com/
いっぱい笑いました。

では。












何のレコーディングかはお楽しみ

2012年3月23日

何のレコーディングかはお楽しみ昨夜はYeYeさんとレコーディング。
ライブで全国飛び回る中、スタジオにやってきてくれました。
感謝です。

YeYeさんと会うのは、彼女の東京でのリリースパーティー以来。
あの時は、風邪をこじらせて、すっかり皆さんに心配をかけてしまった。。

あのはんなりとした独特の口調で、終止朗らか。
はかなく素敵な歌声にスタッフ一同聞き入っておりました。
待ち時間にうずくまった猫のようになって、
スマートフォンに没頭する彼女の姿が印象的だったな。

お土産のおだんごを、
レコーディング終わりの帰り際に渡してもらったのはいいけど、
できればレコーディング中に食べたかったよ、YeYeちゃん。

きょう彼女はCAYでライブです。
まだ見た事ない方はぜひ。

ではでは。

ながの

体育な日々

2012年3月14日

体育な日々みなさん、こんにちは。
ソロアルバムのレコーディングもいよいよ大詰め永野です。

この時期はCM音楽界も繁忙期というやつで、
容赦なく色々な仕事が舞い込んでくるわけです。

しかし、そんな中人生初のソロアルバムが着々と出来上がりつつあります。

忙しくなるといつも思うけど、
物事はいつも一斉にやってくる。
小分けになんて気の利いたことを、神様はしてくれない。
神様はある意味、体育会系ですな。

やってやろうじゃないの。

新しいライブも決まりました。
くわしくはnewsで。

ではでは。

ながの


ピンクレンジャー発見!

2012年2月21日

ピンクレンジャー発見!みなさん、こんにちは。

こやつをついに発見しました。

、、、ってぼくが見つけたわけではなく、
エンジニアの川島さんから目撃情報を頂いたのです。

事情が分からない方は、ぜひ最新の佐川急便のCMをごらんください。

あのカラートラックはCGではなく、
ホンモノなんですよ。

他の色も走ってます。
幸運を運んでくれるといいですね。

ではでは。




そうだ 京都へいこう

2012年2月12日

YeYeさんのリリースパーティー、無事盛況のうち終了しました。
来てくれたみなさま、ありがとう!

乾燥しきった空気のせいか風邪をこじらせた自分は、
風邪薬でモウロウとする中ステージに立った訳ですが、しっかり楽しませてもらいました。
最後は声が枯れてしまったけど。。
YeYeちゃんの不思議な間合いのMCに翻弄されながらのセッションも、
お客さんやサポートメンバーの方々の和やかな雰囲気包まれてとても素敵な時間でした。
どうもありがとう。

彼女達の一行は終演後すぐに京都へ向け出発。
京都は何度も行ったけど、とても好きな街。

到着したら、機材搬出、リハ、取材、本番、そしてまた移動。
遠征ライブは予想以上にハード、でも来てくれるお客さんの顔見るとそんなエトセトラは忘れてしまう訳です。

ツアーに思いを馳せる前に、
この山積みのレコーディングをバシバシ片付けてやろう。

ではでは。



プリウスがもらえるわけではありません。

2012年2月4日

プリウスがもらえるわけではありません。こんにちは。
アルバムの方向性が固まり、ほっと一息な永野です。

とはいえ、色んな事を試していたせいで、とにかく時間がない。
やばい。
やばいぞ。
マネージャーからは
「ながのくん、来週から死んじゃうかもね。」
と素敵な笑顔で言われました。

どんな時も笑顔は大事。うん。

今日は色々とお知らせ。

まず、僕が音楽と歌唱を担当したトヨタプリウスPHVのCMが昨日から流れ始めました。

ワイワイやっております。
ぜひ見てみてください。

あとは、素敵なライブもきまってます。
詳しくはNEWSで。
3月5日のAINOTEでは、ビューティフルハミングバードやペッカーさんとのセッションも予定してますので、ぜひぜひ。

では。


2012.1.25

2012年1月25日

もう終わるのか、1月。
早い。。

自分の制作やら、CMやら、ライブやら、とごちゃごちゃしておりますが、
外を見れば雪。

積もった雪に足をのせた時の、最初フワッとして、最後ギュッとなる、
あの感覚をなんとなく想像しながら、家を出る訳だけど、
今回の雪は想像以上に固く、ちょうどガリガリくんくらいだった。

スシのネタみたく車にのっかった雪が、
山手通りを走行中にフロントガラスに落ちてきた時は驚いた。。
みなさんも気をつけて、、、って、用心深いみなさんならきっと大丈夫だ。


次回のライブは2月11日。
YeYeさんのイベントにお誘いを受け、出る事になりました。

YeYe http://yeye.me/

このキュートなルックスに加え、
自身で全ての楽器をこなす音楽の猛者であります。

僕が初共演したのは、このCMです。
富士通 http://jad.fujitsu.com/adver/supercomputer/wish/movie-60s.html
彼女には歌唱をお願いしました。
作曲、コーラスが僕です。

当日は何曲か、彼女とセッションする予定ですので、お楽しみに。

ではでは。



2012.1.18

2012年1月18日

2012.1.18あけましておめでとうございます。
末吉だった永野です。

そして今年はウィルス性急性胃腸炎とブラジリアンで幕開けです。

胃腸炎は風邪の一種というわりには、ハンパなくつらい。
その割には、お医者さんが素っ気ない。
「あー、あれね」みたいな感じで。

写真はとある新年会でのバランサというバンドの演奏。
ゴギゲンです。
会場はややトランス状態になり、最後はお客さんみんながパーカッションを渡され、ジャズ大名のラストシーンみたいだった。

うん、末吉。
しっかり肝に銘じておきます。

今日は、ライブです。
下北沢440にて21時より。
ぜひ。

2011.12.30

2011年12月30日

みなさん、こんばんは。
まだまだアルバム制作中の永野です。

いよいよ今年も終わりいくわけです。
なんたること。
今年の正月が、ついこないだのような、遠い昔のような。


さて、


佐川急便に続き、新しい作品が公開されました。
「つながるのうた」です。
http://www.robot.co.jp/tunagaru/


監督はROBOTの新進気鋭のクリエイター、新井風愉さんです。
彼の作品に音楽を提供させて頂きました。


ぜひ、そばでも啜りながら、茶の間でラップトップを囲み、
ご家族と、恋人と、お仲間と、楽しんでみてください。



では、良いお年を。




2011.12.24

2011年12月24日

2011.12.24みなさん、おひさしぶりです。
アルバム制作中の永野です。

穴暗をせっせと掘り続ける毎日であります。
穴が深くなればなるほど、外に出るのが大変になるのだけど、
今日はなんたってクリスマスじゃないですか。
ケーキのひとつやふたつくらい買いにいったってバチはあたらないでしょう。

外へいこう。

というわけで、宣伝します。

佐川急便の新しいCMが完成しました。
http://www.sagawa-exp.co.jp/company/ad/

色んな外国人の方に歌ってもらいました。
上質なチェロは売れっ子の遠藤益民さんです。

このチェロの値段はなんと、、、、まあ、言うと何なんですが、
安いマンションくらい買えてしまうという。。

ぜひ、観てみてください。

では。





2011.11.17

2011年11月17日

2011.11.17どうも、ぼくたちつきあってます。

なんてね。

アンジェラちゃんです。
スーパーな歌唱力とチャーミングなルックスに大人たちはメロメロなわけです。

ぼくのCM仕事は、なぜかコドモにちなんだものが多いので、
彼女にはお世話になりっぱなしであります。
(ちなみにセーレンのコーラスは彼女です。)

今日はモータウン的なトラックに、
ジャクソンシスターばりの見事な歌を吹き込んでもらいました。

今でこんなんだったら、
将来はどんなに凄くなってしまうのだろうか。。

さて、

あすは青山「月見ル君想フ」でライブです。
早いですが、ソロライブは年内最後ですのでぜひ。
来月はレコーディングに専念します。

ではでは。



2011.11.10

2011年11月10日

2011.11.10発売より少し早く届いたこのアルバム。
坂本真綾さんの「Driving in the silence」です。

紙ジャケットにめっきり慣れてしまった昨今、
このプラスチックケースの厚みが新鮮なわけです。

聞きながら、歌詞カード、めくる。
これまた新鮮。

「今年いちばん」「たとえばリンゴが手に落ちるように」の2曲の作曲を担当させてもらいました。
1曲だけ、口笛で参加しています。
口笛デビュー。

レコーディングは夏のビクタースタジオで。
百戦錬磨のミュージシャンの演奏を聞きながら、
歌詞案を練っている坂本さんと北欧ロケの他愛のない話をしたり。
金原ストリングスの演奏は感動的でした。

冬のお伴に。
ぜひみなさん聞いてみてください。

では。



2011.11.3

2011年11月3日

2011.11.3ふう、終わった。
先日行われた「[LET’S GO JAPAN]〜3.11復旧支援チャリティライブ。
画面の前に座ってくれた方々、どうもありがとう。

ライブ終了後のソロレコーディングに備え、
サポートメンバー&マネージャーと共に腹ごしらえに近くのカレー屋へ。

iPhoneでEMI MEYERさんのライブを楽しみつつ、カレーを頬張る。
ライブが行われてる会場は目と鼻の先。

なんだか、現代であります。

そして、こちら担当しました。
http://www.green-label-relaxing.jp/import/xml/news/html/others/111020news1.html

ギター1本勝負。
映像を見ながらの録音は、緊張感があり、素敵でした。


次回は11.15の渋谷duoでお会いしましょう。
トリオ編成で挑みます。

では。

2011.10.23

2011年10月23日

あいにくの雨。
あめかよー、
なんてぶつぶつと小雨降る中。娘の運動会へ。

親に囲まれて、もじもじする園児達。
そんなことをおかまいなしに、ひとり全力でミッキーマウスマーチを踊る我が娘。
勉強になりました。

32歳にもなれば、
「きょうがあなたのたんじょうびですよ」
といわれたって、どんな顔していいかわからない。
でも、なにか、ばくぜんと、こう、気がひきしまってくるわけです。
しまっていこう、オー。

今週はなかなかのハードスケジュール。
ライブもあります。
21時ごろから、弾き語りをします。
なにやろかな。

では。

2011.10.18

2011年10月18日

寒くなったり、暑くなったり、嬉しくなったり、悲しくなったり。
ソロアルバムの制作も本格的になって、いそがしい毎日であります。
ありがたや。

昨日は10.31のネットライブへ向け代官山でリハーサル
&とあるサウンドロゴの歌の録音。

リハーサルはマリンバ、トイドラムのトリオ。
マイクを使わないアンプラグド。
アンプリファイすることに慣れ過ぎた自分にとっては、
あたらしい発見がたくさんあるのです。

そして、また新しいCMが流れ始めました。
http://www.chifure.co.jp/cf/index.html

お二人ともきれいだなあ。
あたりまえか。

仕事前に
とりあえず、あめでも嘗めよう。

では。

2011.10.16

2011年10月16日

本日は四谷のサウンドバレーにて、とある映像の歌どり。
帰りは日曜の夜なので道もすいすいと。

しかしまあ、スタジオへ行く時はカーナビがくるって右往左往。

首都高降りてるのに、降りてないことになってるわ、
降りたら降りたで、また首都高にのせようとするわ。。

方向音痴な僕としては、そんなカーナビが方向音痴では困る訳です。
彼女?(だって女性の声だから)に向かって、罵声をあびせるも虚しさだけがひゅるりと。
彼女は動じず、淡々と理不尽なナビを繰り返す訳です。はい。降参。

まあそんなこんなで、
明日からは10.31のネットライブへ向けたリハーサルが始まる訳です。
出演は一発目、16:00からの模様。
マリンバ奏者の上原なな江さん、
トイドラムにアナタキコウの藤井寿光さんを迎え、がっつりフワッと演奏します。

おたのしみに。


ライブ無事終了しました。

2011年9月30日

みなさま、夜遅くまでどうもありがとう。
ar、PoPoyansも素敵な音楽をどうもありがとう。

今回は、初のマリンバ上原なな江さんとトイドラム藤井寿光さんとのセッション。
未来を感じる一日でした。

打ち上げでDIYについて熱く語る藤井さんは、アメトーク級でした。
プラモデルをひとつも作り終えた事のない自分からしたら、羨ましい限りです。

そして今週末から、いよいよソロアルバムのレコーディングが始まります。

さてさて、どうなることやら。

では。

HPできました

2011年9月27日

みなさん、こんにちは。
ようやくHPが完成しました。

デザインはレザイ美樹さん。
web構築はアイデアスケッチの山口真人くんによるものです。
今回のHP立ち上げに尽力していただきました。
本当に感謝しています。

現在、永野はソロアルバムを制作中です。


年内に数曲でも皆様にお届けできたらと思っています。

おたのしみに。

では。

nagano ryo

@naganoryo_news

@naganoryo1023